1時間で1,000キロカロリー消費?! 魔法のエクササイズ、ZUMBAとは?

心身の健康,運動音痴、だけど頑張っています!

BORAMONICA’s Diary へようこそ。

突然ですが、皆さんはZUMBA(ズンバ)という名前のエクササイズはご存知でしょうか?
ZUMBAは南米コロンビアが発祥の、ラテン音楽を中心とするダンスプログラム。ジムのスタジオプログラムやレンタルスタジオなどで開催されていることが多いです。

私が今から約3年前にZUMBAを始めたたきっかけは「1時間で1,000キロカロリー消費も可能」という魔法のような言葉を見たことでした。

つい先日コロナ後に初めてマスク着用でZUMBAに参加したところなので、今日はZUMBAについてご紹介したいと思います。

ZUMBAは運動が苦手な方でも楽しめるエクササイズです。ご興味ある方は是非一度試してみてくださいね。

ZUMBAクラスのあれこれ

 私は今まで4人のインストラクターのクラスを受けたことがありますが、クラスによって選曲から振り付け、雰囲気まで実に様々です。私の場合も、初回から割と振り付けを覚えられるクラスもあれば、そうではないクラスもありました。楽しく続けるためには、あなたのレベルや好みにあったインストラクターのクラスを受けることが望ましいでしょう。「一度このインストラクターのクラスを受けたから他のクラスに行ってはダメ!」といった縛りもなく、複数のインストラクターが開催するZUMBAクラスも不定期で開催されています。

 とは言え、どのクラスにも共通して言える特徴もあります。まず、ZUMBAはクラスが始まったら終了時までずっと音楽がかかりっぱなしです。アップテンポの曲とスローテンポの曲をうまく組み合わせて心拍数を整えるようにプログラムをインストラクターが組んでくれていますが、みんなで一斉に休憩をしましょう、という時間は特にありません(各自のペースで水分補給を行うように指示されます)。また、各動きについての細かい説明等はなく、私たちはインストラクターの動きを見て真似ることになります。

 今はコロナの影響で、ZOOM等のオンラインで無料レッスンを配信しているインストラクターもいますが、私の知る範囲内では1時間1,000円がレッスン代の相場です(貸しスタジオで行っている場合)。これは、一般的な習いごとと比較すると、金額的にはかなり割安だと思います。
 
 レッスンに必要な持ち物は「運動しやすい服装、室内履き(底が薄い靴よりもしっかりした靴がおすすめ)、お水、汗拭き用タオル」の4点。ZUMBAウェアという専用の服を着る人もいますが、スポーツジムに行くような服装で参加している人が多いです。私はごく普通のTシャツに短パン、その下にレギンスを履いています。

ZUMBAをおすすめできる人、できない人

 私はZUMBAが好きですが、決して万人受けするエクササイズだとは思っていません。ここでは私の経験から、ZUMBAに向いていると思う人・思わない人の特徴をまとめてみました。あなたは一体どちらのタイプでしょうか?

ZUMBAに向いている人の特徴

とにかく体を動かして気分をリフレッシュさせることに重きを置く
・(下手でも)人前で踊ることに抵抗がない人
・声を出したり、自由に動いたりするのを恥ずかしいと思わない人
体の使い方をインストラクターから習わなくても気にならない
・毎回の参加メンバーが変わっても気にしない人

 最初に述べたように、ZUMBAは各ステップについての詳細な説明がインストラクターからはありません。補足として、あるZUMBAクラスの説明を見てみましょう。

ズンバは誰にでもできます!初心者でもかまいません!60分間、汗をかいてエクササイズして楽しみましょう!同じ曲に合わせて同じような動きを繰り返すので、初めての時には分からなくても、2回目にはできるように!

出典:Meetup https://www.meetup.com/Zumba-with-Rory-Wednesday-and-thursday-nights-in-Shibuya

 このように、1回で全ての振り付けを覚えられるかというとそうでもないことが明らかです。私もその日の集中力によって、うまく出来たと思える日とそうでない日とがあります。それでも私はもともと踊ることが好きなので、間違えても大丈夫という雰囲気の中で体を動かし続けられるのがZUMBAのメリットだと感じています。

 スポーツジムのスタジオプログラムでない場合は、月謝制ではなく都度払いのケースが多いです。参加メンバーは必ずしも固定ではありません。そこを新しい人との出会いのチャンスと思うか、しがらみがなくて良いと思うかはあなた次第ですが、このような自由度の高さもZUMBAの良いところではないでしょうか。

ZUMBAに向いていない人の特徴

集中的な筋トレを望んでいる
・各ステップの説明を聞いて、体の使い方を理解しないとスッキリできない
・初対面の人と一緒にその場で盛り上がることに抵抗がある人
・人前で踊ることが恥ずかしいと思う人
・同じメンバーで定期的に一緒に参加することを希望する人

 例えば、私の夫はZUMBAは好まないタイプです。家でダンスエクササイズの類を一緒にやろうよと誘うと「何をやっているかがよくわからないから、つまらない」という返事が返ってくることが多いです。あなたがそういうタイプであれば「どこをどう動かして、だからここに効く」ということを教えてくれるトレーニングの方があっているでしょう。

 また、私がZUMBAを通して出会った人の年齢層はバラバラです。その人達がクラス開始から一斉にインストラクターの見よう見まねで踊りだすものですからそれを初めて見た人によっては、この空気に違和感を覚えるかもしれません。実際には私は周りの人を見ている余裕は殆どなく、運動している間に自身のテンションも徐々に上がるため、周りの人のテンションが高くても気になりませんが、例えばYouTubeなどで大人数で踊っているものを見ると特殊な雰囲気があるようにも感じます。

 そしてZUMBAの各クラスでは、開始時間前に会場に集まって終わったらすぐ解散、というスタイルが多いです。コロナの前はレッスン後に飲みに行こうという日もありましたが、そういった付き合い方は今の時代は難しいでしょうし、他の発表会に向けてみんなで頑張る!といったこともありません。同じ仲間と一緒に頑張りたい、と思うタイプの方にはZUMBAは少し物足りないかもしれません。

気になるZUMBAの消費カロリーは?

 先日私が参加したZUMBAでは、顔見知りの女性がカロリー消費量を確認できる装置をつけていました。クラスの終了後に消費カロリーを教えてもらったところ、彼女の場合は【409kcal】だったそうです。

 今回この記事を書くにあたり、改めてZUMBAの消費カロリーについて調べてみたところ、1時間当たり400~500kcalという記載が多く見受けられました。あくまで個人的な考えですが、3年前に私と同じクラスを受講していた人達がインストラクターの資格を取得し、クラスを持つようにもなりました。ZUMBA人口がこの数年で増えて裾野が広くなった分、インターネット等で紹介される消費カロリーも減っているのかもしれません。いずれにせよ、楽しく動いて400kcal消費できるのであれば嬉しいことですよね。

BORAMONICA
BORAMONICA

【私がZUMBAをやってみて感じること】
最初はとにかく振りを覚えるために頭を大分使いました。それから慣れてくると「どうせなら上手になりたい!」という欲が出てくるようになりました。
そこから踊っている間にお腹に力を入れるように意識したり、他の種類のダンスの動画を見て綺麗に見えるにはどうしたら良いのかを研究したり等、ZUMBA+αの世界を自分で広げられるようになったことがメリットだったと思います。
ZUMBAの公式インスタグラムを見ると様々な国の人が踊っている様子や、ZUMBAのおかげでこんなに変わった!(ビフォーアフター)という内容を見られるのも楽しみのうちの1つです。

  

コロナ禍でのZUMBAレッスンで気を付けるべきこと

 自分の身は自分で守ること。私が先日受けたレッスンでは「マスク着用」「具合が悪いなら欠席するように」との指示がありましたが、まさにその通りだと思います。そして、マスク着用で飛んだり跳ねたりするのは想像以上に疲れるのが早かったので、少しでも体調が優れない日は参加はしない方が良いと思います。

 ZUMBAのクラスは、ウォームアップからクールダウンまで全てプログラム内で行うことにはなっていますが、学校の体育の授業で行うような準備体操の時間はありません。したがって、自分で準備体操を事前に行うことも大事です。私は以前、準備体操をしないで臨んだ日に足がつったことがありました。それ以降、準備体操は誰が行っていなくても自主的に行うようにしています。特に屈伸や伸脚、アキレス腱伸ばし等はおすすめです

 ロッカールームについても、スタジオで細心の注意を払っていても不特定多数の人が使う場所には変わりません。着替えも出来るだけ簡単に済ませられるように工夫しましょう(私の知り合いは、そのまま帰ってしまう強者も少なくありません)。

まとめ

【今日のテイクホームメッセージ】
★ZUMBAとは、コロンビア発祥のダンスエクササイズプログラムです。
★コロナ禍で自粛ムードだった対面式のクラスが徐々に再開されるようになっています。
★消費カロリーは人それぞれですが、初心者用のクラスでも1時間で400kcal程度は消費されます。
★振りをその場で覚える必要があるので、頭のトレーニングにも良いです。
★コロナ禍での対面のクラスに参加する際は、万全の対策をして参加しましょう。

 ちなみに、私の知る限りではZUMBAのクラスを受けるのは女性が圧倒的に多いイメージです。婚活時にプロフィールで趣味を「ZUMBA」と書いていましたが、その点には殆ど触れられることはありませんでした

 人の目を気にせず、思いっきり自分の感情を表現できるのがZUMBAで私が気に入っている部分です。コロナの終息なしには前のように気軽に挑戦出来ない部分もあるとは思いますが、興味をお持ちの方がいらしたら気分転換にZUMBAを試してみませんか?

 今日も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。