4ヶ所の結婚相談所へ入会経験のある既婚女子による、結婚相談所の選び方のポイント

婚活振り返り,婚活&その後の生活

BORAMONICA’s Diaryへようこそ。
今回のテーマは「婚活」。婚活と言えば、マッチングアプリ、合コン、パーティー、結婚相談所…と多岐に亘る方法があります。かく言う私は、合コン、パーティー、結婚相談所での活動を合わせると【婚活歴7年の超婚活難民】でした。
今日は結婚相談所選びを検討中のあなたへ向けて、選び方のポイントをご紹介します。

結婚相談所とは

 結婚相談所(以下、相談所)の目的は結婚を考えている男女を入会させ、その中でプロポーズを成功(婚約)させること。ですから、必然的に相談所に入会する人達は「結婚したいな」という目的が明確な人たちです。

 入会後に相談所が行うサービスの1つが、あなたに合っていると思われる異性の紹介。その方法は相談所により様々です。例えば、①「毎月◯人を紹介」と異性のプロフィールが送られてくる、②アドバイザーとの面談に行って紹介をしてもらう、③自分でその相談所内、もしくは他所の連携している相談所の人のプロフィールを検索する等…。
 
 特に③になると、相談所にわざわざ入る必要があるの?と思うかもしれません。ただし、相談所の入会にあたっては「独身証明書」など証明書の提出が必要です。従って「結婚したいと思っていたのに、実は既婚者だった!」等のトラブルが防げる安心感が、相談所に入るメリットだと思います。

 私の祖母や母の時代は「この家は家柄も良いし、あなたにおすすめよ!」と仲人さんがせっせと結婚を決めていた時代。しかし、現在の相談所が展開しているお見合い結婚は、以前のお見合い結婚とは変化していると考えても良いでしょう。アドバイザーの人が「あなた」と「あなたへの紹介者」をよく知っている、という時ばかりではありません。

 とは言え、アドバイザーの皆さんは数多くの人を見てきたプロです。有益なアドバイスをいただくこともできます。相談所へ入ろうと思った方は、次の章であなたにふさわしい相談所を探してみてはいかがでしょうか。

あなたにあった結婚相談所を見つけるために。
相談所のカラーとあなたはマッチしていますか?

 冒頭でお話したとおり、私は夫に会うまで相談所を計4ヶ所、利用しました。

 私が入った所に共通して言えたことですが、初回の相談(無料)に行くと、その日のうちに入会手続まで進みます。仮に、あなたが相談に行ったとしましょう。きっと、そこで説明をしてくださる方はとてもフレンドリーで「うちに入ればきっとあなたにあった人に会えますよ、一緒に頑張りましょう!」とあなたのモチベーションを上げてくれ、あなたも「ここで頑張ってみようかな」と思うことだと思います(事実、私がそうでした)。
 
 ただし、入会前と入会後では「こんなつもりではなかった」ということも十分にあり得ます。入会するまでは、入会するかどうかを選べる立場にあるのはあなただけです。もし何か不安なことがあれば、その場での入会は保留にする、くらいの気持ちで全く問題ありません。

ポイント① 所属会員の属性と自分の属性を考える

 例えば、あなたが女性で「エリート男性多数在籍の結婚相談所」と宣伝する相談所に入ったとします。入会前は「あなた、痩せないとちょっと難しいわね…」等の言葉はかけられなくても、入会後にアドバイザーと面談をすると毎回毎回「あなた、痩せなさいね」と言われるかもしれません。
 知人が入会していた相談所だったため、私自身もこういう相談所へ登録をした時期もありました。しかし、当時の私はダイエットには成功せず、「痩せなさい」コールの続く面接に行くのも億劫になり、在籍していても会える人は少なく…やがて退会しました。

 この相談所なら、特に男性は自他ともに認めるエリートの方が所属していたことでしょう。「エリート男性多数在籍の結婚相談所」と宣伝されている男性陣が求める理想の妻像は???と考えると、私は当てはまらなかった(又はそうなるための努力が足りなかった)のだと思います。
 
 お見合い結婚は、「この人」と結婚したいというスタートではなく、「結婚したいと思っている人たちの中から結婚相手を探して」結婚に至るものです。

 私たちに選ぶ権利があるように、相手の方にも選ぶ権利があることをどうぞお忘れなく。

ポイント② あなたの空き時間に活動が可能かどうかをチェックする

 結論から言うと、相談所の営業時間外にも自主的に活動ができる相談所が個人的にはおすすめです。私は夫のプロフィールを家で読み、お見合い希望の連絡をして結婚に至りました。

 同様な検索システムは他所の相談所にもありましたが、相談所の営業時間に出向く必要がありました。仕事で夜忙しかったり、検索のために遥々遠くの相談所まで出向いたりするのは疲れている時には大変ですよね。

 相談所の方は人を見るプロであるのは確かですが、紹介を待つ(または異性会員に見つけてもらう)受け身の姿勢ではなく、あなたから積極的に動くのが出会いにつながる鍵だと思います。

まとめ

【今日のテイクホームメッセージ】
★相談所を選ぶポイントは「他の所属会員とあなたの属性を考える」「空き時間にも活動が出来るかどうかをチェックする」の2点です。
★結婚相談所がどんなところか気になる人は、一度、相談に行ってあなたの目で確認することをおすすめします。ただし、入会する/しないを決めるのはあなた自身!即決する必要はありません。

 今の世界は、もの凄い情報で溢れていると言います。それは婚活業界も同じで、日々新しい入会者のプロフィールが掲載される時代です。もし、婚活を始めて疲れたな、と思ったら適度に息抜きもしてくださいね。
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。